中学3年生の受験生なら学習塾の冬休みの合宿には参加すべき?

中学3年生の冬休みには冬休み合宿、冬期合宿なるものが行われることが多いのではないでしょうか。

受験が間近になっているということもあり、参加すべきという圧力が大きいものです。

塾としても一大イベントということもあり強く参加を勧められることが多いと思います。

そうは言っても参加費用は高額。

そんなに安くもない合宿に効果はあるのかについて書いてみたいと思います。

受験生なら学習塾の冬期合宿には参加すべき?

参加した方がいいのかしない方がいいのかというのは難しいところです。
金銭面を気にしなければ参加した方がいいとなると思うのですが、金銭面を考えるとちょっと…と尻込みしてしまうこともあると思います。
冬休みの勉強合宿のメリットやデメリットを参考に参加不参加を決めてみては如何でしょうか。

塾の冬休みの合宿に参加させるメリットって?

まずはメリットを挙げてみます。

毎日きちんと規則正しく大量に勉強できる

やはり1番のメリットはきちんと勉強できる!ということです。
「受験生だから休みの日には1日勉強して過ごします」
なんて言うお子さんはなかなかいません。
冬期合宿に参加すれば、きちんと毎日たくさん勉強をすることができます。
朝早くから夜遅くまで、かなりの量の勉強量をこなすことができます。

勉強のやる気に火がつく!?

中学3年生ばかりが集まる合宿だと当然ながらみんな受験生。
一緒に頑張る仲間であり、ライバルでもあります。
そんな同じ中学3年生の受験生が一生懸命に勉強する姿を見て勉強しようと言う気にならない子の方が少ないのではないでしょうか。

私が塾講師として参加した合宿では、毎回、勉強したいという子がかなり多くでます。

消灯時間が来ても勉強したいのですが…と、志願してくる子もいます。
特に勉強しないとヤバい、不合格になるなど、ネガティブな言葉で煽ったり、責めたりはしていません。
自分と同じ中学3年生の受験生が勉強している姿を見て自分も頑張ろうと奮起するするようです。

一時的ということもありますが、冬休みの合宿をきっかけにものすごく勉強するようになる子もいます。
中には志望校以上の成績になってしまうと言う子もいます。

お子さんを塾に預けるので気を遣わなくてもいい

受験生がいるとやはりテレビやお出かけなどある程度気を遣うことが多いと思います。
冬期合宿の時期は受験も近くなるのでなるべくテレビをダラダラ見て欲しくないですよね。

でも、自分はテレビを見たい!
でも、自分が見ると子どもも一緒にテレビを見てしまう!
そんな方もいると思います。

自分がテレビを見ながら子どもが勉強しないと嘆いても、お腹がすいた動物の前に餌を見せつけているような状態です。
お子さんの側からすれば、そんな状態で勉強するという選択ができるというのは簡単にできるものではありません。

しかし、お子さんを冬期合宿に行かせるとどうでしょうか。
お子さんはきちんと勉強し親御さんは自由にテレビを見ることができます。
また自由に出かけることもできます。
受験まで数ヶ月という事が多いと思いますので、その間親御さんもある程度お子さんに協力することになると思います。

お子さんが合宿に言っている間は、何の気兼ねもなく羽根を伸ばすことができます。
さらには、勉強しない!とヤキモキすることもなくなりますよ。

中学3年生を学習塾の冬休みの合宿に参加させるデメリットって?

次に冬休みの合宿に参加するデメリットを挙げてみます。

金銭的負担が大きい

やはり1番のデメリットはこれでしょう。
どうしても宿泊や移動、食事代までを含むとそれなりの金額になります。
親御さんから見るとどうしても割高に見えてしまうと思います。

大逆転を狙う、行きづまっているとき時は参加することがおすすめ

志望校とのギャップが大きいという場合は参加することがオススメです。
なぜかというと、お子さんの成績が急上昇するきっかけになる可能性があるからです。
参加したらからといって、必ず成績が急上昇なんて事が起こるわけではありません。
合宿という非日常的なことから、その出来事をきっかけに化けるという子は少なくないと思います。
逆に何も変化のない日常では、きっかけもつかみにくいものです。

何かしたい、変わりたい、成績を上げたい、などと思うときって何か外部からの情報や体験があることが多くないですか?

例えばプロ野球選手になりたいというお子さんは、野球をしていたり、テレビやインターネットなどでプロ野球選手を見たり、プロ野球選手についての話を聞いたりすることがあって初めてプロ野球選手になりたいと思うのではないでしょうか。

合宿ではみんなが一生懸命勉強します。
その姿を見て、みんなが勉強しているということを知ることができます。
「自分は頑張っているのにできない」
その言葉の陰には、みんなが勉強をそんなにしていないのにできていると思っているという心理もあると思います。

みんな勉強しているんだから自分も勉強しないとと思えるきっかけになるのかもしれません。

まとめ

今回の記事では冬休みの合宿に効果があるのかということについて書いてみました。

合宿は泊りがけで行くのでどうしても費用がかかりがちです。
しかし、一方で同級生が一生懸命に勉強する姿を見て感化されるということもあります。
合宿をきっかけに勉強するようになる子もいますし、今まで以上に頑張るようになる子もいます。
お子さんがどうしても勉強しないという場合にはいいきっかけになってくれることもあります。
私は参加することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください