高校受験で志望校が厳しい時は高望みせずに受験校を下げるべき?

せっかく高校に行くんだったら、お子さんの行きたい高校に通わせてあげたいと思うのが親心ですよね。

合格できるならいいのですが、志望校に全く偏差値が届いていない…という場合はどうすればいいのでしょうか。

お子さんの意思を尊重すべきか、それとも現実的な判断で受験校を下げるべきか迷われると思います。

今回の記事では、志望校に偏差値が届いていない時に、受験校のランクを下げるときに気を付けておきたいことについて書いてみたいと思います。

高校受験で志望校が厳しいときは受験校を下げるべき?

お子さんには志望校に行って欲しい。
親御さんの想いでもあると思うのですが、悩むのは偏差値が大きく足りない場合。
受験のランクを下げるほうがいいのか、それともそのまま第一志望校を受験するのと、どちらがいいのかというのはとても難しい問題です。

そんな時は親御さんとお子さんの間でしっかり話合うことが大切です。
親御さんの意見を押し付けても後々問題が起こることがあります。

親御さんとお子さんで話し合いをすべき理由

成績が奮わないせいで志望校を変更するべきか悩んでいるときこそ親御さんとお子さんの間で話をしっかりすることがおすすめです。
そして、お子さんと親御さんのどちらもが納得のいく選択をすることが大切です。
この手順を踏まないことで高校生活がうまくいかない、その後の話ができないということもあり得るからです。
そのため、親御さんの価値観だけで強制的に決めてしまうと、後々問題になってしまうこともあります。

話し合いをせずに親御さんの意志のみで決めた事例

お子さんと話をせずに親御さんの意見だけで受験校を変えてしまったご家庭でのお話です。
本人の偏差値は志望校まで5足りないという状況だったため、合格圏内であった高校に受験校を強引に変更させてしまいました。
志望校を下げ安全圏にある高校を受験したため、合格、晴れて高校生になることができました。
問題が起こったのはここからです。
お子さん本人がやる気がありません。
成績はどんどん落ちていってしまうのですが、本人はやる気があまりでません。
親御さんは勉強させようとするのですが、あまり頑張ろうとはしませんでした。

で、あるとき、親御さんとの喧嘩が勃発、そのときその子が放ったセリフが、
「自分はこんな高校いきたくなかった」

偏差値が足りないから仕方がない選択ではありました。
しかし、お子さん本人が納得しないまま、受験する高校を変えると、親御さんが決めた高校に行かされているという意識になってしまうお子さんがいます。
そうなってしまうと、高校受験をばねに頑張ろう!という方向にもっていくことが難しくなります。
また、場合によっては、不登校、その後、高校中退ということにもなりかねません。

こういうことにならないためにも、また、お子さんが不満を持ったまま受験をする、そして、不満を持ったまま高校に通うということにならないためにも、きちんと話しあって決めることが大切です。

お子さんの心からのyesを

このように書くと、お子さんが言った表面上の言葉が優先されてしまうと言うことが多々あります。
志望校を下げるという選択をお子さんが了解したような返事をしていても心の中では不満があることがあるのです。
そんな時も注意です。

先ほどと似たような結果になってしまうことがあります。
先ほどの例では「こんな高校に行きたくなかった」で終わりましたが、きちんとしたyesが取れていないときは、親御さんが、「あの時、志望校を下げてもいいって了解したじゃない」みたいな続きのセリフが湧いてくることが予想されます。
そうなると負の連鎖に・・・
一応のyesでは、なくきちんとしたお子さんの了解をとることが大切です。

 

まとめ

今回の記事では、志望校に偏差値が届いていない時に、受験校をどうすればいいのかということについて書いてみました。
高校受験ではどうしても偏差値から選ぶということが多くなってしまうと思います。
そのため、偏差値が足りないから、受験校のランクを下げるというのは案外多くあります。
子どもたちも、偏差値が足りなければ、受験校を偏差値に合わせてある程度下げざるをえないことは分かっています。
しかし、その変更する過程にお子さんの納得がいかないとなると、そのことを理由に高校生活がうまくいかないというお子さんが出てくることもあります。
受験する高校を変更することが仕方がないという場合であっても、きちんと親子で話し合っておくことがおすすめです。

このときにお子さんの納得を取っておくことが高校生活で良い影響となることが少なくありません。
高校受験では志望校を受験できなかったから大学では志望校を受験できるように頑張るという決意をするお子さんもいます。
勉強しないとこういうことが起こるんだということを理解するお子さんもいます。
きちんとお子さんと話をすることで、世の中、現実を知るといういいきっかけになりますし、お子さん自身が自分の人生を考えるいいきっかけになります。
今までなんとなく進学できたものが、思い通りにならないということを肌身をもって知ることができます。
第一志望からランクを下げた高校を受験すると決断する、せざるを得ないときは親子で話し合って決定することが安全ですよ。
もし、親子で話し合いにならないという場合は、学校の先生や塾の先生など第三者を交えて話すといいと思いますよ。