中学に上がってから成績が急に下がる原因は?

小学生の時は成績が良かったのに、中学になると落ちてしまったというお子さんって結構いるのではないでしょうか。

中学になって頑張っているのに、なぜか落ちていく成績。

今回の記事では、中学生になって成績が落ちてしまう原因について書いてみたいと思います。

 中学に上がってから急に成績が落ちた原因は?

中学生になって成績が落ちる原因をあげていってみます。

スマートフォンにのめり込んで成績ダウン

成績が下がる原因の1つがこれ、スマートフォン。
24時間友達と繋がれるというのは、とても危険です。
LINEが来れば返信をしないといけないですし、延々LINEで友達と話しているというお子さんもいます。
勉強をしていても、スマホが気になり集中できないなんてことになってしまえば、成績が下がるのも当然です。

スマホが欲しい中学生のお子さん

スマホが成績に悪影響を与えやすいというのはイメージがしやすいと思います。
しかし、そうは言っても、お子さんからすると友達が楽しそうにスマホをいじっているのを見ていれば欲しいと思うのが当然です。
ここで、よくあるのが、定期考査で点数が良かったらスマホを買ってあげるという約束です。

この約束をした子は、次のテストでは頑張ることが多いです。
成績が出て、スマホを買ってもらう子
成績が出なかったから、駄々をこねて買ってもらう子
スマホを諦める子
といった感じに分かれますが、本当にスマホを与えるのは慎重になったほうがいいです。
1度与えてしまうと、取り上げることも難しくなります。
スマホを与えることで成績が下がっても、対処が難しくなります。

スマホを取り上げてしまえばいいと考える親御さんもいると思いますが、案外うまくいきません。
この時お子さんは、スマホがある生活が当然になっています。
スマホを取り上げられることで、今の生活がマイナスの状況にあることを理解します。
そのマイナスの度合いは、かなり大きなものです。

となると、次の行動は、スマホがないなら勉強しない、という対応を取られかねません。
実際に、お子さんがスマホを返さしてくれないなら学校に行かないと言い、不登校になったケースがありました。
単なるゲーム機器とは違いスマホは、友達などと24時間つながることができてしまうため厄介です。
もしお子さんにスマホを与えるときは、しっかり考えて与えるほうがいいと思います。

小学生気分が抜けていない

小学生はテストなどに対して比較的ゆるい感じです。
しかし、中学校では1週間前にから部活動が停止になったり、数日間テストしかなかったりとテストの位置づけが随分違ったものになります。
なぜこうなるのかというと、中学校のテストは勉強をして受けるテストになるからです。
きちんと試験範囲を勉強して、試験にのぞまないと、なかなか点数がだせません。

親御さんから見ると当然だと思われると思いますが、小学校気分が抜けていないと試験勉強をほとんどしないままテストを受けることになってしまうお子さんもいます。
定期考査に向けてお子さんが勉強しない場合、勉強をして受けるという意識がないということもあります。
中学1年生のうちにテストは勉強して受けるものだということをきちんと認識させておきたいところです。

お子さんの成績は下がったように見えて実は落ちていないのかも

お子さんの成績が落ちたと感じていても実際には、落ちていないということもあり得ます。

中学校は100点が取れないテスト

小学校の時は100点がたくさんとれたというお子さんでも、中学校のテストでも満点というのはかなり難しいものです。
小学校のテストは基本ができれば100点が取れるテストなのに対して、中学校のテストは100点が取れないテストになります。

小学校の時に100点だったのが、中学に入学して小学校の時よりも手数が下がったため成績が下がったと感じる親御さんやお子さんもいます。
しかし、点数がとれなくなったから、成績が下がったという訳ではありません。
単に問題が難しくなったから、平均点が下がったから、自分の点数が下がってしまったという感じです。
このとき、点数そのものが下がっても、平均などが下がっているため、意外と順位そのものはさがっていないということも多いと思います。

まとめ

今回の記事では、中学生になって、成績が落ちてしまう原因について書いてみました。

成績が本当に落ちた原因は、スマホなどの外部要因や、小学生気分が抜けないということが原因な気がします。
特にスマホは成績が落ちる原因になることも多いですし、それ以上に一旦スマホを与えると取り上げるということも難しくなります。
スマホをお子さんに与えるときはかなり慎重になるべきだと思います。
スマホを与えたため大変なことになってしまうこともありますよ。

一方で、小学校で点数が出すぎていたということもあります。
理解していないのに点数が出ていたというイメージでしょうか。
そういうときは中学校のテストの点数がお子さんの実力に近い可能性が高いでしょう。
まずは、日々の勉強を見直して、成績向上を目指すといいと思います。
勉強しても成績が伸びない人の特徴は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください